♪ Toru=Y.G. in the Bar ♪

オリジナル曲とか、自作詩とか、ちょっとした小噺とか... 載せていたはずのブログでした...                                                   現在は名曲紹介をメインでヤってます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

終章(エピローグ) 





タイトルで分かるかとも思いますが、

今回が、♪ Toru=Y.G. in the Bar ♪ 最終回です。

突然ですみません。

ピアノの演奏動画を載せると言ったのに、

また、書きかけの小説のあるのに

中途半端で申し訳ありません。

最後に、エープリルフールということで、

嘘っぱちフィクションをお送りしたいと思います。


88年、ひとりの少年が死にました。

確かに彼の命の灯火は消えたはずでした。

ところが、彼の父親と医者が共謀を図り、

彼を蘇らせました。

心を司る場所の隣を機械に変えて。..

最初、彼は何も知らず、病院で検査を受けていました。

しかし、それから数ヶ月、

モルモット生活に耐えられなくなった彼は

父親に訪ねました。

「もうこんな生活耐えられん。

 この地獄は一体いつになったら終わるんだ?」と...

父親はこう言いました。

「そんなこと言ったら、

 お前の無事を祈ってるみんなが悲しむんぞ?」

父親は彼の問いに答えようとはしませんでした。

我慢しかねた少年はとうとうこう尋ねました。

「10年経ったら終わるんか?」

父親は、頷いて

「終わるといいな」

と答えました。

それから、

友達に心を開けない、

恋人を作れるはずもないという、

少年の地獄は続きました。

信じていた人間に裏切られたり、

蔑みの声を浴びせられたり、

実の父親や親戚連中にに憐れみを受けたり...

やがて彼は信じることをやめました。

彼は裏切られたことも、憐れみ,蔑みを受け憎く思ったことも、

自分の心の弱さ故と理性では理解できたものの、

憎悪を止めることはできませんでした。

やがて、約束の10年が来ました。

彼は、父親の言葉を鵜呑みにしたわけではありませんでしたが、

全て終わるはずの10年にすがるしかありませんでした。

しかし現実には、-病気の再発-という

最悪の10年目の幕開けでした。

退院後も彼の憎しみは増大し、

やがて神,仏や平和の概念までも、

彼は憎むようになりました。

何度も彼は自刃を試みましたが、

死を望んでいるにもかかわらず、

恐ろしくなってその都度諦めてしまいます。

それから更に10数年経ちましたが、

未だに彼の暴走は止まることを知りません。

幾度も周りを巻き込みながら、

迷惑をかけている事など省みずに...

もう、死という引導を渡すことでしか、

彼の生き地獄を終わらせることはできません。

それでも時は流れていきます。

......

いつこの物語が終わるかは誰も知ることがありません。




以上です。

最後に暗い物語を失礼いたしました。

嘘っぱちですので、

マジに取らないでくださいね。

それでは、♪ Toru=Y.G. in the Bar ♪

ここに閉館となります。

ご愛読ありがとうございました。

ちなみに、私Toru=Y.G.のオリジナル曲は

多くの人に聴いていただきたいので、

当分、ブログは閉鎖せずにおいておきます。

更新することはもうございませんが、

どうぞお気軽にお立ち寄りください。
スポンサーサイト

2014/04/01 Tue. 19:00  edit

Category: プチ小説

Thread: 自作小説 - Janre: 小説・文学

tb: 0  |  cm: 0

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。